クリエイター解放宣言【ii宣言】
僕が何年もテレビ局で番組を作ってきた、ひとりのクリエイターとして、ずっと疑問に思うことがありました。

いい作品とは、たくさんの人に支持される作品なのだろうか?

当然、たくさんの人が共感したのならば、それはいい作品でしょう。
でも、仮に少ない数の人であっても、
ある作品がその人の心に深く刻まれ、
その人の人生にたくさんの影響を残し、
その人の生き方までも変えてしまう作品であるのならば、
それこそ素晴らしい作品なのだと思います。

しかし、それだと、その作品は利潤を生み出しません。
つまり少数の人に支持されただけでは、儲からないのです。
そして儲からないのであれば、そのクリエイターが作品を生み出すことは、この資本主義の世界では難しくなってしまいます。

ならば、ひとりひとりの、大好きな作品への純粋な思いを指標化できれば、
その指標を使って、お金を集めて、クリエイターは、もっともっと本当に素晴らしい作品を生み出せるのではないだろうか?
僕はそんなことを、ずーっと考えて来て、今ようやくあるアイデアを形にすることができました。

この新しい仕組みは、影響力指数【インフルエンス・インデックス】=「ii」といいます。
iiは、ひとりひとりがその作品にどれだけ価値を感じるかを数値化するシステムです。

iiを使って、あなたの大好きな作品へのピュアな気持ちを教えてください。
そうすることで、全てのクリエイターが、
もっとしなやかに
もっと自由に、
もっと純粋に、
自分の信じる素晴らしい作品を、世に送り出すことができるかもしれないのです。
もっとワクワクする素晴らしい作品に、僕らが出会える未来が待っているかもしれないのです。

ii=作品の温度を評価する
【続・クリエイター解放宣言】
クリエイターを解放するために、新しい指標システムを作ります。
この新しい仕組みは、影響力指数【インフルエンス・インデックス】=通称「ii」(アイアイ)といいます。
今までの指標は、視聴率や入場者数など、評価する人の数の価値(クオンティティquantity)で判断されてきました。
しかし、ある作品によってひとりの人生を変える瞬間があれば、その作品には質の価値(クオリティ quality)があるのです。
そこで僕たちは作品への熱量を数値化するために、“作品の温度”=「ii℃」(アイアイドシー)を定義したいと考えました。
「ii」とは、映画・書籍・音楽・テレビ番組・イベント・アートなどの「作品」を評価するインターネットの新たな指標です。
「ii」に参加すると、参加者=burner【バーナー】(火をつける人の意)には1000枚のPureが発行されます。
この1000枚のPureを、あなたが好きな作品に好きなだけレイズします。

作品のii温度(ii℃) = Pure(枚数)×あなたのSens(係数)

PureはあなたのSensと掛け合わせて、作品は温度「ii℃」で評価されていきます。
その作品にレイズされたPureの合計がその作品の現在温度となり、常に変動します。
あなたがピュアな気持ちで作品を応援、その作品のii℃が高くなれば、
それに応じてあなたによる作品の「目利き」力=Sens(センス)も増えていきます。

自分の大好きな作品に、自分の熱い想いをレイズすることで、
● 作品へのメリット:温度「ii℃」が高くなり、その作品をもっと見たい人が増え、価値が高まります。
● 作品を応援する人(バーナー)のメリット:自分のSensが上がり、自分の価値が高まります。
● 作品のクリエイターのメリット:温度「ii℃」が高い作品を作ったことで、信用が増し、今後のクリエイティブ活動に役立ちます、

まずは今秋、映画や番組やネット動画などの温度測定からiiのシステムを始めていこうと考えています。
ii.Movie (アイアイ・ムービー)というシステムです。
みんながバーナーになって、ワクワクする熱い想いをクリエイターに届けませんか。
そしてもっとワクワクする作品を、みんなで生み出しませんか。
クリエイターの未来が変わる「ii」を使って、あなたの大好きな作品へのピュアな気持ちをぜひ教えてください

2018年8月17日
バラエティプロデューサー 角田陽一郎

角田 陽一郎(かくた・よういちろう)
バラエティプロデューサー

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社goomoを設立(取締役〜2013年)。

映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014,15年)その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。

いとうせいこうとユースケ・サンタマリアがMCを務めるオトナのためのインディペンデンス型トーク番組「オトナの!」を制作(2012年1月〜2016年6月)。「OTO-NANO FES! オトナの!フェス」を開催。

2016年12月31日付でTBS退社。
2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天 イク天〜イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。
2017年7月より、「占いTV」総合プロデューサー(〜2018年6月)
2018年2月より、株式会社テクサ社外取締役就任。
6月より、オンラインサロン『サッカソン』
7月22日ミュージシャンmeiyo(メイヨー)プロデュース開始